最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

枯渇寸前

なにが枯渇寸前なのかというと、バッキングトラックです。

片っ端から漁っているので、

良いかんじのトラックを探し出すのが 大変なんです。

本当にお気に入りのトラックでは3~4回使って録音してます。

「自分でバッキングトラック作ればいいじゃん」って言われそうですが

それは面倒で出来ません(笑)

略歴

さてさて、弦を張り替えたらギター弾きます。

このギター「下衆彦ちゃん」購入後初めての弦交換です^^¥
普段はエリクサーを使ってるので、むさむさ弦が長持ちします。
Imgp1229
その前にちょっと書きます^^¥
(あ!美智子さまの本が映っちゃった、僕大ファンなんです)
 
最近よく使ってるこのギターは5万円ちょいで買いました。
PRSは40万くらいだったかな?
テレキャスターのナースちゃんは25万 ストラトは中古で18万。
振り返ってみると楽器って高いですよね!

一番最初に買ってもらったのは僕が10歳頃、
楽器屋さんの無い佐渡島の眼鏡屋さんで
1万円のフォークギターを 買ってもらいました。
当時従弟のしんちゃんは、 逸見無線という電気屋さんで
グヤのストラトを二万円で買ってました。
それも暫く借りて使ってました。
かなりシんドイギターでした(笑)

いままで使ってきた楽器で一番高かったのは
フェンダー・カスタムショップ・マスタービルド でも、
これは印象に残ってないんです(笑)
「これだ!!」と思ったストラトには
実は一本しか出会ってないんです。
買っとくべきだったなあ~~、と後悔してます。
当時赤ちゃんだった長男がギブソンのSGを
ファンヒーターで溶かしたんですね(笑)
それで買い直したのがマスビルでした。
レイクプラッシドブルーでスーパー杢目ネック。
見た目は凄かったです(笑)見た目は。

 
で、その買いそびれたストラトとは
初期のバンザントです。
あの頃のバンザントはポリ塗装でした。
アッシュボディーでメイプルネック、
ビンテージも含め、 過去一番良いと思ったストラトです。
最初のストラトはYAMAHAのSR400です。
高校生の頃まで使っていました。
通称『血塗られたギター』と言います。
次のストラトが今使っているブレードのヤツです。
・伝説の激細ネック(笑)
・ローラーサドル
・ブリッチは二層構造で、ベタ付けでもアームアップが出来ます。
・ピックアップは初期のバンザントちゅるービンテージ×3
・エボニー指板
・シュパーゼルのロック式のペグ
・高さを調整できるテンションガイド
・トラス調整はボディー側に有るのにネック外さず調整可能なロッドちゃん
・ブースター(ミッド)
・2バンドコライザー だいたい、こんな特徴で下衆。
ナットを交換してから良く鳴るようになりました。
ピックアップセレクターがそろそろ寿命のようです。
何度も人に「売ってくれ!」と言われてるギターです。
知り合いの財界人も「これ」探してるんです。
それ以降ストラトは買ってないです。
いや、ブラッキー持ってました。
しかし買った10日後に 買った値段で売りました。


僕はレスポール運もなくて、出会ってないんです。
最初のレスポールはフレッシャーの通称『下衆ポール』
4.5万円しかも貰い物。
次に荻窪のロックイン(中古専門店)で二万円で買った
グレコのカスタム 次がギブソンのクラッシックプラス、
激安で26万。
これは物凄くきれいな杢目でしたが、
へんな音がしました(笑)
次はカミさんからプレゼントされた74年製のデラックス。
ヘッドの裏側の(塗装)にクラックが入っていたのが特徴です。
ゴールドトップだったんですが、 緑トップになって禿げ禿げでした。
ネックは「いったいこれは何プライ?」 というくらい貼り合わせていました。
そういえば、昔もっていたYAMAHAのSGもそんなネックでした。
そして次はギブソンのレスポール。 これは中古でした。
仕事が物凄く忙しいときに買ってきて、
会社の資料庫に三か月間 置きっ放しにしてました。
このギターにも「運命」感じなかったです。
運命感じたレスポールは、 高校時代、
田辺君が使ってた グレコのEG1700。
あれは物凄く良かったけど人妻でした(笑)

テレキャスターは 最初はジャパン製です45000円の。
見た目が綺麗で良く鳴るギターでした。
散々改造してその挙句売りました。
次はジャパン製のピンクのペーズリーを使っていました。
これは全然ダメ(笑) きっとあれは木からダメ。
次が今使ってるバンザントのテレです。
これはファイアーバードを売って買いました。
その後、オークションで乳井和彦さんの
マスビル テレを買いました。
かなりイイと思いましたが、
レギュラーの バンザントのほうが好みです。

今所有してるギターで運命感じるギターって、
PRSのカスタム24の「澄子ちゃん」と
バンザントのテレ「ナースちゃん」だけですね。

あと、買いそびれシリーズでは
ギルドのスターファイアー、
50年代に作られたビンテージで な
んと10万円。
もの凄くイイ音がしました。
でも自分からはよく聴こえません(笑)
向かいにいるほうがイイ音を実感できる奴でした。

買って後悔した箱ものは、
バーニーのES345コピー。
ディープジョイントネックで、
全然ならない奴でした(笑)

アンプの買いそびれでは、
アンペッグのコンボ(15インチスピーカー@1)
それと、今となっては健全な個体が無いかもしれないけど、
MESAのスタジオ22+が好きでした
(本気で探せばイイの有りそうですけど)

運命感じたアンプは
高校の時に使っていたELKのアンプです。
真空管ですが全く歪まないヤツで
巨大エンクロージャーに12インチ一皿という、
へんなアンプでした。 まあ、フェンダー系でしたね、音は。
絶対歪まないので物凄くデカい音に感じました。
コイツのお蔭で当時僕は村中の嫌われ者でした(笑)
それと、今使ってるマッチ下衆ね。
これはチャーちゃんがサイケデリックスⅡで使い始めたとき
「うわ!!ものスゲーイイ音!!」と思いました。
DC30のトーン回路は変な選択肢だと思います(笑)
プリセットトーンを選ぶか 直結回路を選ぶかのドチラカですね。
その点、チーフテンは使いやすいです。
ですが、重すぎて運べません^^

僕が買ったギター27本
エフェクター137個
アンプ22機
全部覚えています。

過去に買った楽器で一番高額だったのは
マイスタジオです(笑)
既にこれも手放しましたが、
返済はキッチリと完済しております^^¥

今後買いたいと思ってるのは
SGスペシャルのビンテージです。
様態が良い奴が有ればほしいですね。
オーバードライブも糞味噌使ってきました。
KLONの絵なしシルバーが過去最強です。
ディレイもお気に入りが有るんですけど
一番のお気に入りは、
VSTプラグインなのです(笑)
実機があれば欲しんでどね。
僕の場合、エフェクタは ドライブ一個、
ディレイ一個
此れだけで、だいたい済みます。

あ、ピアノとかシンセも持ってましたけど
もう手元には有りません。

ハア~~、長かったですね(笑)
概略、こんな感じです。

気が向いたらおねがいすます

2016年2月21日 (日)

Melancholy of Chefchaouen /哀愁のシャウエン

サンタナの真似して

こんなタイトルつけちゃいました(笑)
長い曲ですよ^^

2016年2月14日 (日)

できたよ^^¥

こんなん出来ますた。

こんな暗い曲作っちゃったけど
今日はバレンタインデーでしたね(爆)

澄子と下衆彦

澄子?下衆彦?さて何のことでしょうか?

はい、僕のギターの名前で下衆(笑)
澄子ちゃんはお嬢様ギターで、お値段もソコソコです。
下衆彦は携帯代二ヵ月分くらいのギターです。
どちらも、物凄く弾きやすい。
特に下衆彦は手の小さな僕にベストマッチングで下衆。

でわ、比較動画を^^

先ずは、若手歌舞伎役者と言われている、下衆彦(笑)

こちらは熟女、澄子さん。


お次は、この曲で比較です。
最近、ミクソリディアンスケールを使うようになってきました。

貫録すら感じる、熟女さん(笑)

最後まで見てくれてありがとうございました(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
↑ ゴールの証に

2016年2月11日 (木)

比較動画

うまい、しかし、ひきすぎですww

うまい、しかし各フレーズが連結していない。

うまい、おぬしやるでわないか!!

へたくそ。だれ?この人?

爆破ボタンをww↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

2016年2月10日 (水)

隣の部屋

柴田淳さん、好きなんですよ♡

2016年2月 7日 (日)

昨日でした

ゲイリームーアの御命日は昨日でした。

なんちゅう、アンタイムリーな投稿でしょう。
ゲイリームーア風、を意識して弾きましたが
聴きなおしてみると、いつもの「体臭ギター」でした(笑)
コード進行的にはCメジャーなんですね?
当たり前のようにAマイナーで弾いてますけど。
平行調だからね、どっちでもいいですね♬


コッテリ系を弾いたので次はアッサリ系で。
御口直しに、もう一曲貼っときます。
これは聴きなおしてみたら、
先週アップしたファンクのDm7versionで
同じ曲だったんですね(笑)
先週はEm7で弾いていました。
うついつい↓
これを貼り忘れちゃいます。
ぽっちんお願いします^^

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

うわのそら

先ず要望をお伝えします、この改行機能を好い加減改善してください!!

僕は地震が怖くて、いつも雲を観察しています。

意識して見ていると、結構分かるようになりますよ。
地下で対流する大陸プレートが押しあがろうとするとき、
そのエネルギーが地軸波として放出されて
それが雲の底面に規則的な模様を描く。
そう聞いてます。
うろこ雲とかの高層雲も規則的な形をしているので
地震雲に似ていますね。
地震雲は風に流されても底面の模様に変化が起きません。
そこが高層雲との違いです。
そう聞いています。
地球規模で自信が頻発していますね。
地球は宇宙の塵がぶつかって出来た惑星で下衆
その衝突のエネルギーが熱に変換され、
46億年も地下に貯まってるんですから、凄いですね。
マグマの温度にムラがあるから対流するんですね。
宇宙の誕生は137億年前です。
光は速度を持ってるので、遠い天体から届く光を観察すると
原始の宇宙を見ることが出来るんですよ。
光の速度は秒速30万キロです。
光が一年間かかって進む距離を「光年」という単位で表します。
ハップル宇宙望遠鏡等で観測できる。
光学望遠鏡では観測できないけど
ハップルなどでは捉える事が出来る天体が有ります。
「クエーサー」と呼ばれる天体で、宇宙の誕生して10億年後
くらいに沢山あったとされる天体です。
137-10=127
いま電子望遠鏡で127億光年の距離の天体から
電波が届いてるというのは、
127億年前の宇宙の映像を見てる事と同じなんですね。
そんな距離をどうやって測ってるの?といえば
赤方偏移を利用して測っているんです。
音にドップラー効果があるように、
光には赤方偏移という特徴があります。
遠ざかる天体からは光のスペクトルが、赤
のほうに偏移するんです。
その度合いによって天体の距離を測ります。
クエーサーは物凄く赤方偏移します。
地球から、物凄い速度で遠ざかっている、
と云う事に成増(あれ?)
何故遠ざかるのか?
については膨張宇宙論が根拠を示しています。
宇宙は点だったんです。(ときいています)
無の状況から点が生まれ、それが開闢したんです。
それがビックバンです。
量子力学やブラックホール宇宙論と殆ど同じ理論です。
大きな質量を持った天体の末路は
放出するエネルギーが無くなり、
自分の質量(引力)によって
縮んでいきます。
天体の元々の質量に拠るんですけど、
大きな天体は質量もあるので、ドンドン縮んで
もの凄い高密度な物体に変化していきます。
シリウス伴星は白色矮星で、その平均密度は
水の40万倍と言われています。
つまり、その星の土を、1リットル分持ち上げようと思うと
40万キロの重さがあるっって云う事なんです。
銀河系の太陽の質量は、このクラスなので
太陽の末路は、白色矮星になって一生を遂げる。
とされています。
太陽よりもズット大きい星があります。
質量の大きな星の最期はさらに高密度な天体に変化します。
中性子星といわれる天体です。
1平方立法あたりの重さが1億トン、という重さです。
角砂糖一個が、1億トンです。
1000平方立法=1リットルなので
リットルあたり、1000億トン
っていう重さに成増(あれ?)
太陽の10倍くらいの大きさの星の最期が、中性子性です。
そして、更にそれよりも大きな星の最期は、ブラックホールに成増。
中性子星になる星と、ブラックホールになる星の大きさ(半径)を
トルマン・オッペンハンマー・ヴォルコフ限界値を超えたものが
ブラックホールに成増。
ブラックホールは中性子星よりも更に高密度な天体です。
大きな大きな星は、最期にエネルギーを放出し終わり
収縮し、高密度な天体に変化していきますが、
トルマン限界を超える大きな星は、更に凄い末路をたどることに成増。
簡単に言うと(語弊がありますが)大きさがゼロ、なのに質量がマックス
そんな天体です。
質量がマックスと云う事は、引力もマックスと云う事です。
ブラックホールの質量はマックスなので引力もマックスです。
あまりに引力が強すぎて、光もそこから抜け出せないんです。
日常では想像できないんですよね^^
その想像できない「あっちの世界」は
ブラックホールのある半径の大きさから
向こうで起きています。
その半径をシュバルツシルト半径と言います。
事象の境界線とも言いますね。
ブラックホールは回転しながら色んなものを吸い込んでいます。
吸い込んだものを排出する天体が有ります。
それをホワイトホールといいます。
それらを繋ぐものをワームホールと言います。
ブラックホールの理論は実は18世紀から存在していました。
ニュートン力学で立証出来るんです(やや力不足ですが)
その後アインシュタイン方程式を使って
、現代的な理論を作り上げていきました。
アインシュタイン本人は「理論的には正しい、
だけど特異点の存在には疑問を感じる」
と言っていました。
今ではブラックホールは観測され、実証されていますし、
2011年には日本のJAXAがブラックホールの位置観測に成功し、
ブラックホールに吸い込まれていく星を観測しました。
(因みに僕,JAXA入りたかったです^^¥)
そんな規模で物事を考えてると、
身の回りの事がチッポケに感じられますね。
地球のトゲと表現される人類が、
そこを解き明かしたというのも凄い事だと思いますけどね。
人間原理という物理学用語が有ります、
おもに宇宙論に用いられます。
これも面白いんですけど、長くなるので辞めておきます(笑)
色んなことが地球で起きていますけど、
なぜか上の空です。
アホか?意外、言葉が出ませんね。
相対性理論を、あんなもんに使うんじゃない。っつうの。
馬鹿が地球を滅ぼすんだね。きっと。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »