最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月19日 (日)

Smoke on the 群馬

今朝はバイクやさんに行ってきました。もっち君のバイクを買いに行ったんです。

これです

もっちくんは大学も自分のお金で通ってるし、運転免許取得や車の購入も全て

自分の給料で賄っています。

お母さんも、もっち君の彼女もバイクに乗ることを猛反対していてと言っていましたが

僕は反対しませんでした。いいろいろと話したんです、

「絶対に死ぬなよ!」という条件与え、これは内緒で僕が買ってあげました。

優しいところもあるけど、やんちゃな子なので本当は心配しています。

-----------------------------------------------------

バイクやさんから帰宅したら、こんどはチビ君がモデルガンを買いに行くというので

車で、わんこのしたちゃんと三人でモデルガンショップに出かけました。

モデルガンを見てたら強烈な眠気が襲ってきて、僕は車の中で寝ていました。

歳をとったのですかね?何をしてても直ぐに眠くなっちゃいます。

============================

本当は今日の午後から、したちゃんの注射があったのですが、

すっかり忘れていました。

Dsc_17612

したちゃんが大っ嫌いな注射を僕が忘れたせいか、満面の笑みでした^^

-----------------------------------------------------------

お昼寝をして、久しぶりに(?)ギターを弾きました。

我が家で「にっきゅっぱ」と呼ばれている安物ギターに、数か月ぶりに弦を張り

このギターで弾きました。下位モデルのこのギター、物凄く完成度が高くて

びっくりしています。の上位クラスのモデルはこれ以上だってことだよね?

気になっちゃいますけど、欲しいですけど、我慢します^^

若いころは拙者、ハードロック一直線兄ちゃんだったんです。それを思い出し、
その頃のように弾いてみました^^

僕が弾くギターは9割アドリブで、残りの一割は繋ぎに小麦粉を使用しています。
アドリブは、アドリブプレーの出来には、その日の体調や、睡眠時間、空腹の状況とか、
運とか、いろんな要素が絡みます。
もしも、それらをコントロール出来るようになったら漸くそこで自分が納得で来るギター
が弾けるようになるんだと思うんです。
ごく稀に偶然は起きます、ひょっとしたらこのプレーは、その偶然なのかも知れません。
でも、自分では評価できないです、取りあえず貼っときます^^
以上、時系列的に、弾いた時間の順に動画を貼りましたが、
此処で駄作も貼っちゃいます。
この曲を弾くのは何年ぶりでしょうか>いえ何十年ぶりでしょうか?
中学生の頃によく弾いていました。
ライブ・イン・ジャパンをかけて一緒にギターを弾いて、
それをラジカセで録音して「独り反省会」をしていました^^
コードは聴いてすぐに弾けますが、ソロは完全に忘れています。
アドリブで弾いたけどGmではなかったようですね?
ドリアンモードだったのでしょうか?
ま~冗談です。もし宜しければ笑い転げちゃってください。

smoke on the 群馬♪

RIOT

80年代に夢中になっていた音楽を
ちょっくら紹介するざます。

なんか凄いジャケットですね。
成田というアルバムのタイトルからして、日本をイメージしているのでしょう?
ドスコイマスコットが印象的です^^
このアルバムの最後に収録されていた曲です。
Road Racin'


この曲もいろんなバンドが演奏してますね。
当時はこれが好きでした。
すごいコスチュームですね~


ミドルテンポの曲は未だに好きです。
当時、実力はアイアン・メイデンと並ぶと称されていた
サクソンです。


アイアンメイデンには、ポールディアノです。
完全にインプリンティングされてますよね。




プレイングマンティス。
アイアン・メイデンの初期のギターリスト、デニスストラットンが
中心になって結成したバンドで下衆。



これは近年のライオットです。
ここまで成長したのか?
という感じです。


ライオットという名のエフェクター。拙者も愛用しています^^

2014年10月13日 (月)

audition

生まれて初めてのオーディションは、高2の頃に受けた。

二年生の教室に三年生の怖い怖い先輩が入ってきて
『お~、焼肉おるか?
おまえ、ちょっと放課後auditionしてやるさけェ、放課後、音楽室来いや』
こ、こ、殺される?いやまて、音楽室って言った?auditionって言った?
放課後の音楽室には、怖い怖い、三年生の大神さんとアンシャさんがいる。
『おめえ、なんか弾いてみろ』
漠然と『なんか』と言われても困るのだが、あまりに怖いので
ビートルズのlet' it beをフルコーラスで弾いた。
そのauditionに合格した僕は、強制的にバンドを組まされた。
文化祭の当日、体育館でバンドの演奏をした。
観客席に椅子を用意していたのだが、誰ひとり座らない。
みんな腕を組んで体育館の後ろ、或いは横で立ったまんま、
腕を組み、睨むようにして此方を見たいた。
そのステージに大神さんが突然上がった
『おお、ええちゃん、やれや』
『え?』
-----------------------------------------------
二度目のauditionは19歳の時だった。
学校の軽音楽部で腕利きのドラマーがいた。
沖縄出身の彼は、地元で相当有名だったらしい。
確かに巧かった、相当巧かった。
ある日、沖縄出身の別の友人が僕に、こう言った。
『友人(あのドラマー)がお前をauditionしてやるって言ってるぞ』、と言っている。
なんと上からモノを言う奴だろうと思い、拙者は気分を害した。
それでも、その、auditionとやらは受けた。赤羽のスタジオに呼ばれた。
パットベネターのハートブレーカーを練習してこいと言われていた。
彼らは、夏休みは全国のライブハウスをブッキングしてマワルと、
壮大な妄想を見ていた。
アホか、おれは夏休みは佐渡に帰るんじゃボケ。
と、口では言わなかったが、ペットベネターなんか弾いてたまるか。
ソロで全く違う曲のソロを弾いた。
落ちた。
理由は、拙者の態度が余りにも不真面目だと言うことだった。
--------------------------------------------
三度目のオーディションはソニー・ミュージックだった。
趣旨を読み違えていたとしか言いようがなかった。
ぼくは、四分間あるインスト曲を作ってテープを送った。
結果は、一時審査落ち^^
この時デビューしたのは、この人だった。
『え?』
当時の僕はハードロック一直線だった。

のだ。

2014年10月12日 (日)

SANTANA

僕とサンタナの出会いは『あ?異臭のヨーロッパ』でした。

名盤『ムーンフラワー』に収録されたライブバージョンが一番好きです。

1969のウッドストックでのライブの様子です。
このライブのあたりから知名度を上げてきたようですね。
(拙者4歳でしたので、飼料を三幸にするしかありません)
このベーシスト、ほかのバンドでも見た気がします。
サンタナバンドは人の移り変わりが激しいので、それも有り得ます。
ラテン音楽とロックの融合は、当時画期的だったのだと思います。
演奏力も高いですね。
当時としては可也の演奏力だったと思います。


サンタナの隣でギターを弾いているのは、ジャーニーのニール・ショーンでしょうか?
たしかニールがサンタナバンドに入ったのは1970年だったと思います。
このシンプルな音使いのメジャー・スケール、良いですね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
こういうの好き^^

売春のY-ロッパ
この曲は高校生の頃からよく弾いていました、いまでもたまに弾きます。
数あるテイクの中でも『ムーン・フラワー』というアルバムに収録されたライブ・バージョンが一番好きです。これは、そのバージョンに限りなく近い演奏ですね。
このヤマハのギターに憧れました、大人になってから同じモデルを買ったのですが
すごく重いギターでした、音も重くてあまり好きになれず、すぐに売ってしまいました。

前記した『ムーン・フラワー』も名盤ですが、ライブでは大阪厚生年金ホールで収録された『ロータスの伝説』も可也好きです。このアルバムはナント、イントロが黙祷なんです(*´∀`*)サンタナは当時、仏教に、ど嵌りしていました。
----------〈中座〉------------
もっちくんの働く近所の焼肉屋さんに行ってきました。
で?なんだったけ?
ああ。サンタナね^^


高校生の頃は、好きな曲は、自分の部屋で大きな音でステレオで流し、
下の廊下で聴いているのが好きでした。
ジェフ・ベックの哀しみの恋人達
ボストンのドンとルックバック
サンタナのホールドオンなどを、さうして聴いていました。
その後、サンタナは低迷期に陥ります。
80年代、サンタナは完全に過去の人になっていました。
来日して各地を廻ったとき、群馬県にも来てたようです。
知り合いが電車の中でカルロス・サンタナを見かけたと言っていました。
彼は電車の中で『ピック頂戴』とカルロスに話しかけ、ピックを頂いたそうです。
なんとも羨ましい話です。

1999年の『スーパーナチュラル』の大ヒットは、とても嬉しかったのと同時に。
旧来からの大ファンの僕にとってはすこし複雑な思いでした。
80年代のサンタナは、それはそれで良かったです。
あの頃、弟のホルヘ・サンタナも兄貴そっくりなギターを弾いていました。
これを聴いて、鳥肌が立っちゃいました^^¥

サンタナは今も好きです。
大御所となった今でも大好きです。
いい曲も沢山あります、でもどこか手抜きを感じるんです。

ロータスの伝説の頃のカルロスが最高だった気がしています。

サンタナも既に老後か?といった感じです。
音数は多くなくても良い、だから自分のバンドで
ユッタリとした良い音楽を作って欲しいと願っています。

トイレの落書き

ある日、おっきいトイレに入り、スタンバイを終えた。

ふと目の前の壁を見たらそこに

『右を見ろ』と書いてあった。
右を見たら、そこには『左を見ろ』と書いてある。
なので左を見た。
すると、そこには『後ろを見ろ』と書かれているではないか。
なので後ろを見たら、後ろには『キョロキョロするなバカ!前を見ろ!』
と、書かれていた。
少し反省して、前かがみになっていた。

2014年10月10日 (金)

原田の持ち物

拙者の持ち物

1.バックAの中身
 傘、7.5mのメジャー、ペンケース1、ペンケーズ2、ペンケース3、ティッシュ、キシリトール
 ガラ携
 ※ペンケース1詳細
  シャープペンシル・替芯・消しゴム・3色ペン・三角スケール・認印・訂正印・
  社長の認印・朱肉・名刺・関数電卓・砂消し・砂消し用テンプレート・捺印マット
  ・ホッチキス・その芯・手帳
 ※ペンケース2詳細
  車用ガラ携充電器・スマホ充電器(二股)・スマホ充電器2・フラッシュメモリー・爪切り・
  大型クリップ・スマホ用USBマイク・USB充電用コンセント、ケーブル
 ※ペンケース3詳細
  USBケーブル各種・USB変換ケーブル各種・スマホ⇔AUX接続ケーブル
2.バックBの中身(A3版スーツケース)
 ・担当物件の設計図集一式-A3・担当物件の資料抜粋一式-A4ファイル@2
3.バックCの中身
 ノートパソコン(先日までエロ動画閲覧用だった)
 ※PC詳細
  ネットプリント(コンビニのプリンターサーバー接続用サイト)
  PC遠隔操作ソフト(会社のPCを遠隔操作するためのソフト)
  クラウド
 クラウドの中身⇒平成17年度今年度までの全ファイル
 各ファイルの中身
 ・計画(見積資料、議事録、記簿、連絡先一覧、受領物、送付物、計算書一式、申請書  データ、申請書捺印控え、許可書控え)
 ・実施の記録
 ・完了手続きの記録
4.スマホの中身
 仕事用⇒渋滞ナビ・名刺管理ソフト・目覚まし時計・ナビ・翻訳アプリ・カメラ
 音楽用⇒
 SNS用⇒
 通信用⇒書くのが面倒くさくなってきた。
 あんまり詳細に書くとマズイかもね^^
 これらはいつも持ち歩きしています(車で)


拙者の置物(?)
1.デスクの中身
 引き出し三つ
 引き出し1⇒カラに近い
 引き出し2⇒最小限に纏めたフラットファイル、主に自分用のマニュアル
 引き出し3⇒クラウドのファイルと同じ要領で綴った資料一式
 ほとんどカラに近いです
2.サーバーPCの中身
 ファイル⇒概ね10階層に構成されたツリー
 各種ソフト類
 
・合理的に構成しているので、モノをさがす必要性が殆どありません。
・例え記憶を無くしてもツリーの構成に従って検索を進めれば、拙者以外の人でも
 状況が一目でわかるやうになっています。
以上
これらを全部、一式持ち忘れて出掛けることもあります。

2014年10月 5日 (日)

ビンテージギターが、ほすい

世の中には、高級なギターを使っている人もいます。

わざわざ激安なギターを買って弾き倒している人もいます。
後記の方は少しストイックな空気も感じられますね。
僕は、そのドチラにも当てはまりません。
高い楽器を所有していたこともあるし、
安いギターを気に入ってしまうこともあります。

楽器選びって、ワインのブラインド・テイスティングと似てる感じがするんです
20万円のワインと2000円のワイン、
どちらが高級ワインなのか判断するのは、「好み」だからね。

でさ、最近さ、こういうのを探そうとしてるの。
発売当時は初心者用に売り出されたギター。
だけど、発売から40年経過して
今では立派な(半端な?)ビンテージギター。
さふいふのをね、探そうとしてるんです。
古いギターでしか出せない音っていうのがあるんですよ。
角が取れて、こなれた、枯れた、丸い音っていうのがね。
手垢の音がするギターです♪
今日、ハードオフであるギターを弾いていたんです。
フェンダー・エスクワイアーのデュオソニックです。
値段は一万円ちょっとでした。
メイドイン中国で、ネックとボディーの間に隙間があるやうなギターでした。
でもショートスケールで、とても弾きやすくて、そして構造がシンプルで
気に入ってしまい、「買っちまおうか?」と一瞬思ったほどでした。
Ds02433128_main_thumb
発売当時、「おこちゃま向け」として売り出されたこの楽器は、
手の小さいハダダにピッタリなのです。
1950-1960年代のこのデュオソニック、まだ数十万円で入手できます。
ギブソンならSGスペシャルがほしいです。此方はやや高くなってきています。
8775918754_a68901f85f_b
これこれ
ひゃ~~、かっこいい~~
ほしいわ~~、これ~~。

古くて、構造がシンプルで、良く鳴って、そんなに高くないギター。
さいうふのが欲しいんです^^。

ほしいわ~~~~~~~~~

2014年10月 4日 (土)

文学と音楽

言っときますけど、大したこと書きませんからね。

音楽のことは何時も書いているので、今日はモンガクから書きます。
学研の科学と学習、どちらか購読していましたか?
拙者は、『科学』を読んでいました、一ヶ月経つのが楽しみで仕方なかったです。
当時『学習』には全く興味がありませんでした。
もう、その時点で理系ですね、文系の愉しみが全く理解できなかった。
これは小学生のころね。

拙者、昔から、色々と考え事をしてる事が多かったんです。
きっと傍から見ると『ぼー』っとしてる人に見えたはずです。
理系の僕は、宇宙、気象、恐竜、等に興味がありました。
中学生になる頃には、そこから発展して、フロイト、アインシュタイン、
等を好んで読んでいました。
文学に初めて興味を持つようになった切欠は太宰でした。
人間失格からスタートしました。
この本は、丸暗記するほど読みました。
友達に本を持たせて、暗読して見せたこともありました。
線の細い繊細な作品に興味がありました、芥川とかね。
古い日本の文学が好きで、大正マロン派のあたりが好きでした、
谷崎潤一郎の痴人の愛とか、そんなの読んでいました。
もっと古い、泉鏡花とかの世界も好きでした。
鏡花の本は、わざわざ古本屋で旧仮名の本を買ってきて読んでいました。

僕は、ぼーっとしていましたが、そうして考え事をしているとき、
何を考えていたかというと、
後から照らし合わせて気づいたのですが、それは西洋哲学と可也近いものでした。
実存主義の哲学っすね。
それに気づいてからは、サルトル夫妻、ニーチェ、キルケゴール等
読みようになりました。
デカルトとかカントとかは読んでないです。
翻訳された哲学の本の読みづらさって、独特なものがありますよね。
西洋哲学の本でのゴールというか、挫折はミッシェル・フーコーで味わいました。
フーコーの振り子という本を買って読んでいて『もーわからんわ^^』と思いました。
実存主義寄りの作家ではドストエフスキー、カフカ、カミュ、ヘッセとかを読んでいました。
その後20代後半では吉本隆明、寺山修司、岸田秀等を好んで読んでいました。
わかり易く言うと、僕の読書歴は柳美里さんと殆ど一緒だったのです。

クソ難しい本も読みましたけど、好きな本は(面白かった本は)
古代への情熱/シュリーマン
青春デンデケデケデケ/誰だたっけ?
日本人とユダヤ人/イザヤ・ベンダンサン辺りです。
今では全く本を読まなくなっていしまいましたが、
吉本隆明と寺山修司は、今でも読みたいと思っています。
寺山といえば、真っ先に思い浮かぶのは。この曲ですかね?
音楽は自動的に時間を進めてくれるのに対して
文学は自力で時間を進めないといけません。
最近の若い人たちが、本から離れた理由は此処でしょう。
映画があれば本はいらない。そう思うんだろうね。
本は、文字は、時に強烈な画像を与えてくれるんですけどね。
その画像とは、流れていってしまうセルの映像ではなく、
脳裏に焼き付く絵とでも言おうか。そんなやつね^^
定年退職したら、また沢山本を読みたいです。

2014年10月 3日 (金)

Triumph

わんばんこ^^
拙者、寝不足でして
眠くて
詳細な説明は
できないやうです。
80年代に人気だったバンドです。
ギターリストのリック・エメットは当時、
アメリカで一番人気のあるギターリストでした。
おやすみなさい。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »