最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

まったりBritish

最近、仕事が一段落したので、寛げる時間も作れるようになりました。

やや季節外れでしたかね。

もうちょっと酒呑んじゃいましょうか?焼酎ですけど^^

シン・リジーも良いですけどね。

2014年3月30日 (日)

実験結果

出ました、実験の結果が。

意外な展開でした。
実験結果⇒僕は細かいことが嫌い(実験に適さない性格)
だという事が解りました。

こっちのほうがズット楽しい^^
さて、今晩はカレーつくろっと♪

実験中なのですが

you-tube見てると、ギターの動画をとても綺麗に撮ってるモノがありますね。

拙者も、「それ」がしたいんです。
そこで、実験中なんです。どうしたら「あんなふうに撮れるのか」をね^^

1DAWソフトにギターを接続し、別途ビデオカメラで撮る。

2-1、DAWソフトを使っての編集
   音源を録音したDAWソフトに映像を読み込み、音声と画像のタイミングを合わせる。
   この時、ビデオカメラで撮った音、つまり動画にクッツイテキタ音は切り離す(ぽい^^)
   ↑この(切り離しの)作業を省略するために皆さん、ヘッドフォン使ってるんですね
   でWMAに合成すると、画質が落ちるんですわぁ。それに、なんか縦長です。


2-2、Windows ムービーメーカーを使っての編集
   画質は殆ど圧縮されないようですが、今度は音が劣化します(;_;)

3.妥協する。。。。。
DAWソフトから16bitに変換した時点で大分、音質劣化しますが
第二段階の、YOU-TUBEにアップの段階でも大幅に音質劣化します。
更に、第三の音質劣化は、ここのブログに貼った段階でも起こります。

そのプロセスを経て、取り敢えず一つ実験中ですがアップします。
さて、実験に戻ろう^^

音は10秒くらい経ってから出てきます、忝い。

ギター弾きたい^^

Dsc_0770

三つ揃った^^
ダンブルと、フェンダー。それにJTM45♪
実際のアンプでは無くエフェクターですけど、これでいいんです。
最近のエフェクターは良いね、とても良く出来てるね。


-----------------------------------------


昨日、楽器屋さんでRSギターワークスのテレキャスターを弾かせていただいた。
54年のテレを再現したもので、激丸太ネック^^
いろんなところで、このギターには触らせてもらっているのだが
昨日のギターはレリック仕様だった(張ってあった弦もレリックだった・・)
これ欲しいヽ(●´ε`●)ノ ホスィ。
楽器屋さんで、このギターを手にとったら
手放したくなくなるんだよね。

----------------------------------

フェンダーの新しい銀パネ・アンプ
このアンプはシンプルでいいね。
当時の銀パネと比較するとMID加減が違いますね。
値段も、まあまあお手頃です。
これも『ほしい物リスト』の中のものです^^
------------------------------------
そういえば、我が家のマッチレスも来年で、購入20周年記念です。
------------------------------------

きょうはPCでは無く、アンプに繋いでギターを弾きたい♪
でも、まだみんな寝てるから、ガマン・がまん^^3

2014年3月28日 (金)

春の歌

春ですね。
なんとなく
こういう歌を聴きたくなります。



これは、どちらかというと、初夏の海ですかね?


ちょっと路線が違いましたか?
この曲が売れたのは春だったので、ついつい^^


こじつけて、春。
振り向けば横浜byマルシア




これも初夏っぽかったか?




最早、季節感無し。


あれ?なんか、ズレてきたぞ。
なんでだろう?
あ!わかった!!
酔ってきたんだね^^

2014年3月25日 (火)

IDOL

現在では、『元祖堕ちたアイドル』的な立ち位置にいて

ジャスティン・ビーバーに助言をしたりしている、この人。
レイフギャレット。
はい^^田原教授の『売買買収デート』ですね^^
音楽的にドウノコウノは無いのだが、
僕は昔から英語の歌詞の歌が好きだった。
ダニエル・ブーンのBeautiful Sundayとか、
ベイ・シティ・ローラーズとか、
僕のお兄ちゃん世代が聴く音楽に憧れていた。
英語が好きだったんですね。
今もよく聴く音楽は殆ど英語です、
最近は日本語の音楽も聴くようになって来ましたが。

このレイフ・ギャレット、歌手デビュー間もない頃の田原教授と、
一緒に音楽番組に出たことがあるんです。
レイフ名誉教授の上から目線での会話に、
教授もタジタジ俊彦でしたね。そんな記憶もあります。

名誉教授の代表曲といえば、
なんといっても、この曲ですな^^
テレビ・コマーシャルにも使われていました。
小難しい理屈は抜きにして、純粋に楽しめる音楽です。
『いい曲』です。

そしてベイシティーローラーズ。
僕が小学生の頃、お兄ちゃん世代が何かと話題にしていて
ぼくも話の仲間に入れて欲しいなあ、と思っていました。
ヴォーカルのオッサンは、今見ると怪しい人に見えますな。


そして、アラベスク。
流行りましたね~~、日本のみで^^
さっき調べたら、本国の西ドイツでも最高ヒット曲で
8位止まりだったんですね。
センターポジションのサンドラは、アラベスク解散後に
アメリカで一時的にヒットを飛ばしていたんですね。
覚えてる人いるかな?

これは、現在のアラベスク。
ローズがセンター・ポジションです。
ジャスミン・フェッターは当時よりも綺麗です^^⇒

因みに、僕が好きだった曲は、ローズが歌う、この曲でした♪
懐かしいな~~。

2014年3月23日 (日)

こんな私でよかったら

こないだ曲をアップしたとき

指さばき云々という貴重な一票を頂きました。
その貴重な一票に応えて、「こんな私でよかったら♪」

2014年3月22日 (土)

Bariの散歩道

いつかやるんじゃないかと思っていましたが
案の定,、とうとう、ついに、ヤッちゃいました。
ちょっと時期遅れでした^^
なんか凄いノイズですけど、おゆるしね。
オデ、このホテル、一週間泊まったことある^^
このプールの真ん中は深くて、足が届きませんでした。

Robin Trower

ロビン・トローワー。

元プロコルハルムのギターリスト。
ジミヘンに感化されてバンドを辞めてソロに転向。
左近、ジミヘンフォロワーとして先ず思い浮かべるのは
スティービー・レイ・ボーンであろう。
その昔、ジミヘン・フォロワーと云えば、
ロビン・トロワー
フランク・マリノ
ウルリッヒ・ロート
の三人衆だった。

レイボーンの後になっては、この三人衆の『フォロワー度』も薄らぐ感もある。
だがロビンの場合は、ほかの追随を許さぬ大きな特徴を持っている。
それは、ジミヘンの顔マネまでして弾いている点だ^^。

この人の音楽を聴くjustな世代は恐らく50-60歳代の人かと思います。
僕は年代を遡って昔の音楽とかルーツを辿ったりしながら、
音楽を聴いていたので、自然と古い方に行っちゃうんですね。
僕はアイアンメイデンとかOZZYやAC/DC(日本じゃ聴く人少ないかも)
とかをJUSTで聴いてきた世代なんですけどね。
このアルバムは名盤と言われています。1975のリリースで下衆ね。
ボーカルはベーシストのジェイムズ・デュワーですが
どことなく、フェリックス・パッパラルディーみたいですね。
ノイズが兎に角凄いアルバムです。

それでは、もう一曲。
綺麗な風景とナイスな音楽を。

2014年3月21日 (金)

Of a Lifetime

みなさまちんこにわ。

唐突ですが、ジャーニーと云うバンドをご存知ですか?
そうですか。
では、彼らはデヴュー当時、プログレ系バンドだったことを御存知ですか?
え?
そっか、じゃあ、貼りますね^^
ギターは、今も昔も変わることなくニール・ショーン
キーボード&ヴォーカル グレック・ローリー。
ドラムは人気者、アインズレー・ダンパーです。
サミー・ヘイガー
ホワイトスネイク
フランクザッパ
UFO
ジェイク・E・リーなど活動した人ですね。

オベーションのギターを(!)弾きまくる、ニール(*´∀`*)
この頃のジャーニーは全く売れませんでした。


日本では人気があったようですが。
その後、方針を変え『商業ロック』といわれる方向に走ったジャーニー。
ふくろうみたいな顔をしたオッサン、スティーブ・ペリーを迎えた後の
ジャーニーは最早切目の必要も無いでしょう。
1978、この頃から徐々に売れてきます。


僕が大好きな曲です。


雪の積もる2月、

本間書店で、利夫くんと話をしていた。
その後、家に帰り、この曲を知った。


大雪の中で聴いていた曲です。
僕の中で、ジャーニーは此処まで、です。
貴方にはスタートでも、アタシにはゴールだったの(?)
J-WALK? J-WAKE?J-WORK?
まいっか(*´∀`*)

2014年3月20日 (木)

Vinai Trinateepakdee

拙者の、最近お気に入りのギターリスト。

暫く前から存じ上げておりました。
此方の動画を見ていました。
これは、拙者と同じギターアンプdeath。
我が家では『お岩さん』と呼ばれている、このアンプ。
見事に弾きこなしています。
僕のアンプ『こんな良い音がするんだ?』と
再発見する切欠になった動画です。
ソレニシテモ旨いギターリストですね。

タイのギターリストです。
乞うご注目です。

2014年3月16日 (日)

原田key=Bmで弾きまくる の巻

11に起床し、わんこの「したちゃん」とお風呂に入り。

モコモコに仕上げ、そのあと弾きました。
いまも、ずっと、隣にはワンコがいます^^

THE CULT/ELECTRIC

愛聴盤のうちの一枚です。

the cult / Electric
Ac/Dc や Led Zep が好きな人なら必ず気にいるだろうと思う。
1984-1985年(?)の発売。
1984といえばBon Joviのデビューの年ですよね。
他にもシンディー・ローパーのデビューや
プリンスのパープルレインのリリースとか、
1984-1985と言えば、なんとなくポップ/ロック全盛期って感じの年でした。
因みに、ヴァン・ヘイレンの1984のリリースは1983年ですね^^
Img_0
拙者、成人式の時に(1985年夏)に友人と、このアルバムについて語ったっことがあって
ぼくが最近好きなアルバムにthe cult / Electricを挙げたら
『こんなのはヘヴィー・メタルではない』と言われ
『拙者は別に其処に拘っている訳ではない』と平行線な会話をした記憶がある。
でも、レビューを見ると1987年リリースになってるなあ?恐らく間違いでしょう。

そのキラキラとした時代の音楽の中で、明らかに異彩を放っていたこのアルバム。
リック・リュービンのプロデュース。
贅肉無しのロック・アルバムである。
元々はパンクバンドだったcultが突然ハードロック路線に転向したアルバムの第一弾です。
このバンドの、これ以降のアルバムには好きなものが一切無いです。
本作の次のあるアルバム、テンプルなんとか のほうが商業的には成功したと思うが
拙者は、これ以外聴きません。
ac/dc でいうと For Those About To Rockが拙者のベストである。41lilmwtool_sl500_aa300__2
ポップのポの字も無い、このアルバム。
歯が折れそうになるくらい硬いフランスパンを噛んでいるような感じ。
そのFor Those About To Rockに『ポ』の字を足したようなアルバムですね。


トヨタ マークエックスジオのコマーシャルソングとか、結構あちこちで使われてきた曲です。
Born To Be Wildといえばオリジナルはステッペンウルフですが、
カラオケ等では『こっち』で歌ってしまうほど、僕には、こっち が定着しています。
テクニックの『ての字』も無い、このアルバムです。
二曲のみアップしておきます^^

2014年3月15日 (土)

Marianne

今日は運転中にラジオを聴いていて

久しぶりに鳥肌が立っちゃいました。

34年前の曲になりましたね。
このストリングアレンジ、精密に制御された歌。完璧なビブラート。
当時、この曲を聞いたときも良い曲だと思ったけど、
あまりにも頻繁にテレビで流れるので、わからなくなっていた気もします。



この人の曲を知ったのは、まず『歌本』からでした。
曲のコードとメロディーと歌詞のみ。それしか知らなかった。
まだ、歌声は聴いたことはなかった。
だけど『少女』という曲が好きになりました。

合鍵、この曲も採譜から先に覚えた曲でした。



番外編?
この曲も好きです。五輪さんの曲ですね^^
二度目のアップですね^^

2014年3月12日 (水)

個人的通信用ブログ

「2.doc」をダウンロード

これのね、左上の『アプリ』って文字の右上に
丸い矢印があるでしょ?
これが再読込みのボタンです^^
って、そもそも、
このファイルが見れないかも??
お役に立てなかったらゴメン^^

2014年3月10日 (月)

続、Richie Kotzen

いや~~

老けたなあ!
それにしても、このギター(フェンダー・ジャパン製)相当大切に使ってるんですね。
ボディー材はスワンプアッシュとフレイムメイプルなんですね、組み合せも珍しいですけど
テレキャスターで、この構造とうのも珍しいですね。
それにしても、出てくるフレーズ一つ一つに、巧さが溢れていますね。
全てが『音楽的』ですね。

2014年3月 9日 (日)

続、浜田麻里さん

これを貼り忘れてた!


凄すぎる、浜田姉妹。


ウド・ダークシュナイダーもびっくり。



ロブ・ハルフォードもびっくり



ロニー・ジェイムス・ディオもビックリして生き返る

一段落

仕事もひと段落し、土日はのんびり過ごすことが出来ました。

あまりに、ノンビリし過ぎて目の焦点が合いません^^
遥か30光年先を見つめています。
今日、『これ買ったら、当分買うのは控えようかな?』と、
やんわり心に誓った一品が届きました。
一度楽器屋さんで試したこともあるエフェクターです。
使ってみた感想は、大体想像していたとおりでした。
物凄く良いエフェエフェですな。
アンプの回路の一部になっているような感じです。
ダンブルか?と言われれば、確かにそうなのかな?
という感じもします。しました。
弾いていて凄く気持ちいです、
間違いなく高級な真空管アンプの音がします。
Dsc_0534_2
二段目。
向かって『右』 
右から二つ目。
がブツです 。
早速棚の中なんです。
Dsc_0535
僕にとってのベストは依然、これです。
アンプを酷使して吹っ飛ぶ前の音、
その音が真空管アンプのピークだと言われますが
これは、それの音ですね。
 
変な表現ですが、
価格1/10で作られた模造品も可也のレベルであると認識しました。
両方を比較した感想は『あとは好みと予算だけ』といった処です。
これで、僕のエフェエフェ道は一段落とします。
流石に、もうこれ以上必要ないと感じました。

今日、家のあるエフェエフェ5点、オークションに出しました。
秘密の(?)楽器貯金も子供の学資金に回します。
今度は楽器のメンテ貯金しなきゃ^^¥
エフェクターも、これで128個、ですから(*´∀`*)
金額に換算したら¥1,820,790です。
車が趣味、という人と比較したら
ビックリするような金額でもないと思います。
カローラ一台分くらいでしょか?
でも車一台買うよりは、全然楽しめました。
流石に、もうね。。。。。
練習しなきゃね。

vizion valve extreme

今日は、家にある、ちょっと変わったエフェクターを御紹介します。

Dsc_0520

vizion というメーカーの valve extremeというオーべードライブです。
vizion は日本のメーカーで、このエフェクターの他にも数種類のエフェクター
を出しいています。
vizionブランドの真空管も売っていますね。
vizion のオーバードライブには『トーン調整』が無いんですね。
二種類の歪み調整のつまみを調整して、
歪の高音、低音部のブレンドで音を調整するタイプが多いです。
または、このブランドの歪み系エフェエフェは全部それです。
これもそうです。
真空管の歪みと、トランジスターの歪をブレンドしてトーン調整します。
他にも、コンデンサーの交換で音を変える方法もあります。
裏蓋を開けると、フタの内側に数種類の抵抗値の異なるコンデンサーが
テープで貼り付けられています。
Dsc_0521
ソケット式になっているので、コンデンサー交換にハンダこては不要です。
勿論、真空管も交換可能です。いろんな調整手段があります。
無いのはtone調整つまみだけです^^
中の配線には、ミリタリースペックの単線材が使われています。
Dsc_0522
何かとマニアックなオーバードライブです。
トランジスター・アンプに繋いで、アンプを真空管アンプっぽい音に変えたり、
真空管アンプに繋いでゲインをアップしたり、
オーバードライブの後ろにつないで、クリーンブースター的な用途に用いたり。
いろんな使用方法があります。
ケンタウルスの代用品という表現をされていたエフェエフェですね。
これも発売当時4万円前後だったと思います。

2014年3月 8日 (土)

浜田麻里さん

僕は実はジャパ・メタ苦手だったんです。

あ、ジャパニーズ・ヘヴィーメタルのことね。
ラウドネス数曲とアースシェーカー数曲くらいかな、聴いてたのは。
でも、この人は上手いと思っていた。あまり聴かなかったけど。
ギターリストの増崎孝司さんは、ずっと浜田麻里さんと一緒に活動してたんですかね?
以前は、チャラいおにいちゃんだった記憶があるんですが、
今では立派に一流ギターリストった感じになりましたね。
名曲ですね。カルメン・マキさんの『私は風』を思い出しますね。
素晴らしい歌唱力です、当時麻里さんは青学似通う現役の大学生でしたね。
僕が当時から何故ジャパ・メタが苦手だったかというと
歌詞に(も)原因があるんですね。

松本さんがguitar弾いています。
カメラの視線が・・・
久々に聴きました。
現在の麻里さんです。
実は、もとカミさんに似ています^^

Rainbow

僕が高校生の頃、最もメジャーなハードロックバンドといえばレインボウだった。

オジー・オズボーンも人気がで始めた頃だ。でもオジーはちょっと後進って感じで、
レインボウは誰もが認めるベテランって感じ。だったかな?
世間一般では、このバンドはハードロックのバンドという認識を持たれていただろうが
原田的には、long live rodk'nrollまでがハードロックで、それ以降はハードロックとは思わなかった。
ちょっと洗練されたロックバンドで、ライブではハードロックもいける。
といった感じに捉えていた。だが、勿論嫌いではなかった。
rainbowの提供する、洗練されたロックまたはポップスが。
グラハム・ボネット期のレインボウは最早聞く気がしない。

Mad Professor Sweet Honey Overdrive

今朝は八時に起きて10時になるのを心待ちにしていました。

ギター弾きたくて^^
10時から弾き始めるつもりが、
『たまには、このエフェクター使ってみようか?』とか
滅多に使わないエフェクターを引っ張り出してきて
色々と接続順位を変えたり、セッティングかえたり、
そんな実験を繰り返してるうちに気づけば
午後の1:00になってしまっていた。
近所のラーメン屋さんに行き、唐揚げセットを食べたら
今度は眠気に襲われています。
何度も御紹介しましたが、僕は沢山エフェエフェを所有してるんで下衆。
中でもお気に入りは中国製のパクリ・エフェクター なんです。
パクリの元となったエフェエフェは北欧のハンドメイドの奴
4-5万円するんで下衆ね。
対してパクリは4千円前後です。
蓋を開けて回路を見ても、ちゃっちいのです。
だが、とてもイイ音がします。
このエフェエフェと、これこれ^^
がいつものお気に入りです。
joyoの後にバッファを繋いだりすると鮮度激落ちになるので
最小限の、この二つしか使いません。
タイムラインはアンプの鮮度リターンに繋ぎ(?)
ど・アナログなアルゴリズムを組んでいます。

パクリの元になったエフェエフェに敬意を評し
先日、オークションでポッチンしました、
明日オリジナル・エフェエフェが届くそうです。
楽しみで、ワクワクして、そして書いているうちに眠くなってきました^^
おきたらぎたーひこっと。
ドクター・ずうぃ~~~・ま~~~ず18wもいい音ですね^^

おやすみ。

2014年3月 7日 (金)

Richie Kotzen

暫く聴いていませんでした。

改めて聴いても、やはり、いいです。
これは1994年の僕の愛聴盤です。
今年って2014年?
え?あれから20年たったの?
僕は玉手箱を開けたの?
歌も、ギターも上手いのに、
そのうえ二枚目です。
なんか、ずるいなあ~~と、
僻んでしまいそうです^^
やっぱ、ずるい!!

友人の名言

戦争になって矢面に立って死ぬのは何時も若者だ。

戦争をしたいならジジイどうして勝手にやってりゃあいい。

2014年3月 4日 (火)

マザー・ダンブル出たああああああああああ

ええええええ?

マザー・ダンブル??
出てますね。
○○オクで。
ダンブルというギターのアンプです。
ハワード・ダンブルという名前のおじさんが作っているギターアンプです。
ご本人が認めたギターリストにしかアンプを作ってくれない頑固者さんです。
直接面談でしかオーダー受付をしていないと聞いたこともあります。
そんなギター・アンプです。本物を見たことすらありません。
ユーザーには、超一流のギターリストが居ます。
ラリー・カールトン
ロベン・フォード
グレゴール・ヘイデン等、
スティービー・レイ・ボーン
好きな人達ばかりです。

肝心の、音についてですが
僕はロベン・フォードの音を最初に聴いたとき
すごくイイ音だと思いましたが、
その音がダンブルアンプだと知ったのは
暫く後になってからでした。

マザー・ダンブルとは、ごく初期型のダンブル・アンプです。
初めて写真を見ました。
日本にあったんですね~~、これが。
こういった高級品は容易に回路をコピーされないよう、
回路がゴム巻きついているものがあります。
しかし、このアンプには『それ』も無いそうです。
僕が開発メーカーだったら、、、、欲しいなぁ。
バラして研究します。
1600万円ですけど。。。。。。。

いい音だよね^^

2014年3月 2日 (日)

暗い曲大特集-1

こういう曲、子供の頃から好きでした。

70年代独特の、暗さが好きなんです。
どの曲も子供の頃から好きだった曲です
この曲はカラオケでよく歌います。
マンドリンを弾いているトミー・ショウと僕は
同じ誕生日です^^
キング・クリムゾン。
悩みました。
なので二曲載せます^^
なんて綺麗な曲なんでしょう。
グッレク・レイクがつま弾くadd9コードが綺麗です。
セラ・ヴィは過去二回ほど貼ったので今回は此方にしました。
エリックには、こういう感じの曲が少ないですね。
高2の頃です、この曲をよく聴いていたのは。
僕が小学生の頃に初めて聴いた曲です。
1696年の発売だったんですね。
その頃は小学生予備軍でしたが。
寺山修司の作詞ですね、この人好きでした。
よく読んでいました。
夢二記念館に行ったとき、記念館のおばちゃんが
古いスタインウェイで弾いてくれました。
李香蘭も良いですね、蘇州夜曲大好きですが
このテーマからは外れてしまいますので
割愛します。
実は、加藤登紀子さんの曲の方をよく聴いています。
長谷川さんのギターを聴いていると、パコを思い出してしまいます。
よその子も良いですね。
でも、あの曲は最後に希望が見えちゃいますね。
隣の部屋も良いですけどね。
はい、次はスコーピオンズ
70年代のスコーピオンズには、こういった感じの曲が沢山ありましたね。
用水ワールドですね。
用水?
離婚したお母ちゃんに初めて会ったとき
この曲を歌っていました。
僕は音楽のジャンルには拘りはありません。
すきならなんでも聴きます。
あれ?書いてるうちに酔ってきました^^
今日はこの辺で勘弁し解いてやるか(*´∀`*)
貴方のハートに何個、穴が空きましたか?

トムジョーンズと吉本隆明ともっち君と

年度末で忙しいんっす。

世紀末は、そんなに忙しくなかったのにね。
支店を出したいと妄想を抱いています。
本社機能を徐々に支店に移したいとか妄想中です。

もっち君が、英語だらけの学校を退学し、昨日教育学部に合格しました。
昨日合格発表だったんです。いつの間に勉強してたんでしょうか?
お父ちゃんの学生時代は、ギターリストになることばかり考えていて
それは未だに引きずっています^^
30年前の僕は将来のことナド全く考えず、おねえちゃんと同棲していました。
ガハハ。

ロボ君は来月から中学生です。この子が保育園を卒園したとき
少し寂しいと思いました。
我が家の最後の赤ちゃんが、お兄ちゃんになっちゃう、ってね。
ずっとロボ君に一緒に遊んでもらっていてけど、
中学生になったらあまり一緒に遊んでもらえないよね?と考えると
またまた寂しくなってきちゃいました。
また、赤ちゃんが欲しいな。と思うことがあります。
乳児を育てるのは流石に無理ですけどね。
それ以前に、いろんな意味で無理ですけどね(笑)
ロボ君は一歳の頃からずっとパパ一人で育ててきた子です。
なので、パパ的には、子離れするのがちょっと あれ なんです。
子供の成長を認めて僕も子離れしなきゃね。
ちょっと あれ ですけどね。


国際情勢が最近、あれ ですね。
境界線によって区切られていた『国家』が
ネットの普及によって境界線の意識が希薄になり
自由な言葉がイメージを作り上げ、
結果、良くない方向に向かっているという一面もあるのかもね?
ね?吉本隆明さん。
いま、もう一度読みたい本は氏の共同幻想論です。


寝る前によく聴いている曲。
とういか見ている動画の御紹介をします。
最近、トム・ジョーンズにハマっています。
眠れなくなっちゃうよね^^
ね。
な?
ジャニス・ジョップリンもティナ・ターナーも、超ド級ですけど^^
意味不明なブログタイトルでしたが、要は近況報告でした(*´∀`*)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »