最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« あとがま | トップページ | オイゲン・キケロ再び »

2014年1月12日 (日)

増えてきたぞ

ふと気づけば、またまた増えてきてた。

以前、ブログに書いたとき、僕の所有するエフェクターの数は108個であり

煩悩の数に等しい、と、ご紹介したが。

その後に、お気に入りを除き大処分した。

可也スッキリしたはずなのだが、またこの有様です。

『え?これ何?』という人のためにザッと説明します。

これはエレキギターとアンプのあいだに繋ぐ機械で

エフェクターと言います。音を変える機械です。

エフェクターは、効果によって種類が別れますが

ここに紹介するエフェクターは『ぺんぺん^^』な音を

『ドッカーン』な音に変える種類のものです。

では、ここからは、ちょいとマニアックに話します♪

①これはオリジナルTS808ではありません。

KEELYによってモディファイされています。

トゥルーバイパスではなく、バッファードバイパスです。

立派なバッファーを積んでいます。

これはモディファイ・エフェクターの人気爆発の切欠になった

エフェクターかも知れません(?)自信なし^^

今風の音がする機械です、ジョン・メイアーも使ってるらしい。

初めて買った4~5万円のエフェクターです。

Dsc_0331_2



②アイバニーズTS10

メタルオフで3000円にて購入

あるんですね~^^

昔っぽい音です、中音が『カリッ』と揚がっています。

このサクサク加減はゲイリー・ムーアさんもお好みの様子でした。

メイドインジャパン、ICツヤツヤ。

Dsc_0332_2



③ノアの方舟、『緑』

なんともわかりやすいネーミング。

石橋楽器?池部楽器?ブランドのエフェクターです。

ご覧のとおりチューブ・スクリーマー系です、もろ(笑)

音はハイファイな感じで、使いやすいです。

KEELY-TS808と似た感じです。

キーリーが壊れたらこれを使うと思います。

Dsc_0333_3

今風の歪むアンプを使うならビンテージなエフェクターも合いそうですけど

ビンテージっぽい音で、あまり歪まない種類のギター。アンプには

ハイファイな音のエフェエフェが使いやすいです。


④ と、言ったところでビンテージ マクソン OD808

1980年古来の骨董です。こえも中古で3000円で購入。

TS系の音といえば、そんな感じかも知れませんが、

TS系の特徴的な中音とは若干違って、レンジが広いです『Q』を広げた音です。

マーシャルJCM900を使っていた頃に愛用していました。今は全く使っていません。

Dsc_0334_2



⑤アイバニーズ TS-5 サウンドタンクシリーズです。

2機めの個体です。一度売り払い、また買っちゃいました^^

張りがあって硬い音です。だけどシッカリ、チューブ・スクリーマーの音です。

いい音しますが、用途未だ定まらず^^¥

Dsc_0335_2




⑥マクソンSD-9

再生産モデルです。チュルーバイパチュでちゅ。

真空管では作り得ない『いや~な音』が作れて、好きです(笑)

toneを絞れば立派なブースターとして作動してくれます。これもお気に入り。

『①』と同じくらい重いです。

Dsc_0336_2





⑦サー ライオット

おっとっとライオット!

比較的最近購入したものです。オーバードライブはたくさん所有していますが

ディストーションはあまり持っていないんです。で『滑らか系』が欲しくて買いました。

歪を極限まで落として使っても、ちゃんと音の芯が残っていますね。

4-5万円系のエフェクターは、いい音しますね。

Dsc_0337_2





⑧ノアズアーク『黃』

ガリガリする BOSS OD1といったところです。

昔は(マーシャルユーザーの頃)この音が好きでした。

TS系との大きな違いは、アチラは原音を残して歪みますが

コチラは、あまり原音が残らない気がします。

そんな理由で、近年使わなくなりました。

Dsc_0338_2






⑨ジョヨ ホットプレキシ

中国製で何かと批判を受けているメーカーですね。

過去の遺品をコピーして蘇らせるのではなく、

現行をアーカイブしています。

激安で^^

回路を見るとチャッちいです、でも音は良いですね。

販売戦略思想抜きで考えればアッパレな機械です。

ネーミングはホット・プレキシですが、ツイード・ツインの音です♪

ぶ~~~~~~~~~。

Dsc_0339_2

⑩BOSS SD-1

日本製と台湾製と沢山持っていました(笑)

SD-1だけで6個ありました。

その中で一番のお気に入りが、これでした。

ギターを辞めた弟の友人から貰ったものです。

たまたま、『メイドイン・ジャパン』のほうです。

生産国で善し悪しは決められません。

台湾製を気に入れば、日本製売り払っていると思います。

が、これも使わなくなりました。

Dsc_0340_2






⑪ベムラム ジャン・レイ

国産なんですね、外国のかたに著名ユーザーが多いので、外国産かと思っていました。

作者は上村さんらしいです、英語圏でウエムラは発音しづらいと思いヴェムラムにした。

との事です(笑)これは4-5万系です。

60年代のフェンダー・ブラックパネルを再現しているとの事です。

これは、原田的には『過去ベストエフェクター』です。

おもちゃではなくて、本物のアンプの回路の一部のようです。

ブーストも、単体の歪も凄いレベルに達していると思います。

シングルコイルのギターに合うと思います。

マッチングするアンプは矢張りフェンダー系でしょうか?

いや、ブースト系機能も優れていると先ほど書いたばかりでした(笑)

Dsc_0341_2






⑫ジオン バルブ・エクストリーム

真空管の音と、ソリッドの音をミックスして音を作っていくフェフェです。

ジオンさんは、この手法をよく用います。

電源も12-18Vまでオッケーで、勿論真空管の交換も自由です。

弄りがいのあるエフェクターです。

が!

音作りが難しい~~~

こういうのを上級者向けって言うんですかね?

僕は素人向けが好きです。

Dsc_0342_2





⑬ジョヨ スィート・ベイビー

これもこのメーカー十八番『パクリ』。

でも良い音します。そして激安。

Dsc_0343_2






⑭BOSS DS-1

これも長いこと使ってきました。

恐らく現行のものとは音が違うと思います。

TONEを半分から上にすると、とんでもなく嫌な音になります(笑)

その点では⑥と同じです。

Dsc_0344_2






⑮XOTIC EP BOOSTER

エコープレックスのプリアンプ部を取り出した、が謳い文句です。

でも実物を使ったことが無いのでワカリマセン。

もうちょっと高音部の輪郭がほしいところです。

あ、ありますあります!ちょうどそれが⑪です♪

Dsc_0345_2







⑯YAMAHA D1-01

初めて買った歪み系エフェクターです。

最初エレキギターを買ったときは『なんで、あの音が出ないんだろう?』

と悩みに悩みました。当初はオーディオにインして弾いていました。

次に買ったアンプも歪まず。。

色々と調べていると『音がユガム?ヒズム?』という表現が出てくる。

恐らくその表現が、あの音に繋がっているのだろうけど、

周りに楽器屋さんは無いから確認のしようがない。

このエフェクターは『ユガム?ヒズム?』と書いてある。

イチかバチか買うことにしました。当時お子チャマの僕に

10、800円(割引なし)は大博打でした。

これで、あの音をゲットできました。記念に取ってあります。

品質的には。。。え?

Dsc_0346_2






⑰ BOSS BLUES DRIVER

これも二つ目です。

①の出来が余りにも良く、モディファイに目覚めちゃいまして、いくつか買いました。

でも抜群のセンスで作られていたモディファイ・エフェクターは僕にとっては①だけでした

。勿論全てを試した結論ではないです。自分が出会えなかっただけの事だと思います。

それに未だにアナログマンも試していませんから。

これは結局モディファイに飽きて、デフォルトに戻った結果です。

Dsc_0347_2






⑱アリオン チューブレイター

流行りましたね~、これ。

見るからに安そうです。

マッチレスとの相性は抜群です。

もうちょっとマシな躯体に入れて末永く使いたいエフェクターですね。

Dsc_0348_2






⑲サンズアンプ

当時サンズアンプといえば、これしかなかった。

今はクラッシックというらしいが、これがサンズアンプでした。

シンセを買ったオツリで買いました。

当時、五万円くらいしてましたね。

正直、今となってはド・アナログな一品となってしまいましたが、

いつかまた用途を探したいと思っています。

Dsc_0349_2






⑳ライン6 DL-4

歪み系エフェクターの集大成です。

いくつか有るプログラムの中でも、やはりチューブ・スクリーマーを

中心に使用してきました。ほかのパッチはデジタル臭くて嫌なんですけど

チューブ・スクリーマーのパッチはデジタル臭くて好きでした(笑)

Dsc_0350_2







㉑チューブワークス チューブドライバー

これもたくさん持っていました。

チャンドラー製が欲しかったんですけど、あの骨董(失礼!)に

八万円出す気になれず(笑)↓

Dsc_0351_2





㉒チャンドラー  チューブドライバーは専らコチラ

此方のほうが安いです。

プレミアなんて求めていませんので、安いほうがいいのです^^

Dsc_0352_2

これらが、いま所有している歪み系エフェクターです。

コーラス、ディレイ、コンプレッサーとか含めると

まだまだあります。

総じて僕の傾向としてはビンテージ・エフェクターが好きではないようです♪

機械は新しい方が好きなのだす。

※最後に、このエフェクターの撮影に協力(邪魔?)してくれていた

ワンコ君をご紹介します。

Dsc_0372

Dsc_0375

Dsc_0383

お散歩マニアの、したぽちゃんでした♪本日も大暴れです。

« あとがま | トップページ | オイゲン・キケロ再び »

コメント

ワオ! もう~、圧巻。見ているだけでワクワクしてきちゃいます♪ ^^ "緑系"、お好きなんですね~。SD-1とDS-1もなんだかんだ言ってお持ちの方多い…。やっぱ名作なんだろうな~。

そうそう、BD-2って、思ったよりも (イメージよりも) 歪みません? 私弾いた時にそう思いました。貴重な写真、ありがとうございます! (^^)/

335さん

はい、またまた、こんな感じになってきちゃいました^^
緑系は大好きですね~、でもそれ以前に『エフェクターそのもの』が
好きなようです。
あの重さ、あの形、機械好きの僕はいつも誘惑されています♪
BD-2は、あまり歪まないアンプとレスポールの間に繋ぐと良いですね^¥^
所謂『ダンブル系』の名作ですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1756560/54579391

この記事へのトラックバック一覧です: 増えてきたぞ:

« あとがま | トップページ | オイゲン・キケロ再び »